30代女性の声

感想

藤川と冴島が付き合っていることを知らなかった藍沢とその話を聞いたエレベーターの中でのやり取りが面白かったです。
コードブルーは緊迫感のあるシーンが多いのですが、エレベーターの中でのやり取りにちょっと笑えるポイントがあっていいんじゃないかなと思います。

第2話の中心になったのは、フェローの横峰。
全然自信がなくて、その中でドクターヘリに藍沢と一緒に乗ることになり、全て任せるということにされてしまい、厳しい状況に置かれます。
それでも3人の命を救うことができ、これが自信につながるんじゃないかなと思います。
同時に他のフェローも横峰を意識して、自分たちもフライトドクターとして頑張ろうと思えるんじゃないかなと思いました。

ストーリー展開予想

色々な緊迫した現場に出動をするわけですが、フライトナースの冴島も今後何かトラブルに巻き込まれるようです。
藤川との子どもを授かっているということですが、このトラブルによってその子どもの命が失われてしまうのかな、と思います。

もしも産休に入ってしまったり、体のことを考えてフライトナースを降りてしまうことがあれば、翔北の救命は成り立たなくなってしまうと思うのです。
またこのトラブルは藤川との関係を考え直すいいきっかけになるかもしれません。

フライトドクターとして少しだけ自信がついた横峰に影響されて、他のフェローたちも何とか1つ1つの出動に対して真摯に向き合うことができ、命を救うことが出来るようになると思います。

女性の声

感想

第2話は本格的に新人への教育が始まった回でした。正直、どうやって医学部に入学して進級出来たのか?そしてどうしてフライトドクターのフェローを希望したのか?と思えるような新人達です。それぞれが抱えているだろう問題点を解決していくのが今期のコード・ブルーなのでしょう。今回は横峯と藍沢がメインの物語でした。藍沢の指導の仕方は厳しすぎるように描かれています。それでも、ちゃんと相手の性格を見ながら指導しているようにみえます。新人看護師にきつい事を言った後に微かに微笑んだように見えたときそう感じました。ですので、間違った方向へ感情的になる横峯に対しての指導法も決して間違っていないと理解できました。又、横峯もパニックに陥りながらも、必死に喰らいついていく姿が描かれていて良かったです。最後にキチンと褒めた時、横峯が先に進める道筋が見えたと思います。そうした新人教育に加えて、子供を産むという命題を抱えた17歳と冴島との物語が組み込まれ、面白い内容だったと思いました。

ストーリー展開予想

少しづつ、新人達の背景が伺えるように描かれているので、いろいろ気になる所が出てきました。例えば、名取の父親への反応は、嘗ての藍沢の親子関係とは違う葛藤が有るように感じました。又、新人看護師の雪村はフェロー達に対抗心が有るように描かれているように思います。そうした背景がこれからの物語の中で密接に描かれていくのでしょう。それに加えて、藤川と冴島の関係や橘と三井の息子の病気の問題。更に2話の最後に登場した少女の脳腫瘍、新海と藍沢の問題。これらが絡んでくるのだと予想できます。又、新人達と共に、以前のフェロー達も一緒に成長していく姿にも期待です。医療の現場の描き方はもう3期ですから、ほぼ不安なく見られますので、そういう物語がメインになると予想しています。