30代女性の声

感想

今回は「痛み」がテーマ。体だけにとどまらず心の痛みもテーマだった。浅利君と比嘉愛未の痛みはいらなかった…とっても悲しくて悲しくて…先週の予告でたぶんそうなるんだろうと思っていてもキツかった。浅利君の比嘉さんを思って「比嘉さんの人生何なんだろう…幸せにできるのかな」とへこむところが一緒に悲しくて、山下くんの「幸せになるために一緒にいるんじゃなくて、辛い毎日を一緒に乗り越えるために一緒にいる」の台詞がとっても心に響いた。そして、ガッキーの最後の台詞も素敵だった。本人以外痛みを理解することはできない。でも、理解したいと思っている人がいることを忘れてはいけない…。確かにそうだと思う。最後に、ピアノ少女の手が震えたのがすごくへこむシーンだった。

ストーリー展開予想

山下は、ピアノ少女の手が震えたことがすごくショックだろうな…山下には珍しく逃げ出しそうになっていたし…そのあともたぶん表情や、態度にはみせないから誰にも気づかれにくいと思うけど、ガッキーを初めいつもの仲間には気づかれてそれぞれに慰められながら少しずつ普段を取り戻して欲しい。次回予告では成田君演じるフェローに難題が降りかかりそうだけど、オドオド成田君が、窮地に陥ったことで少し自信を持つことができて、少しはオドオドが取れてくれたらと思う。それに、新川さんが少しは惚れてくれたらいいと思う。戸田恵梨香の恋が少しずつだけど、でも好転して欲しい。恋バナでガッキー、戸田恵梨香、比嘉愛未の3人でいつか談義をして欲しいと思う。

30代女性の声

感想

名取先生はレスキュー隊・倉田さんの処置にあたった。別の病院に受け入れてもらうことになったが、倉田さんの容態が急変し翔北救命センターに戻された。名取先生は自分の診断ミスがあったのにもかかわらず、今度間違えなければいいと言い、白石先生から医者に今度はあるけど患者さんには今度はないと渇を入れたシーンは本当にそうだなと思いました。なんの仕事も今度はないと思って仕事をしないといけないなと思います。
そして妊娠中の冴島さんが職務中に倒れてしまったて13週で流産してしまったことがかわいそうでした。ああしていればよかった、早くヘリを降りていればこんなことにはならなかった責めていました。処置した緋山先生も助けられなくて複雑だなと思いました。

ストーリー展開予想

冴島さんが流産してしまってああしていればよかった、早くヘリを降りていればこんなことにはならなかったと後悔していたので立ち直ってくれたらいいなと思います。私も流産したことがあるので、見ていて気持ちがわかりました。緋山先生が気になっている患者さんが離婚することになって緋山先生さんの恋の行方も気になります。いい感じの雰囲気になりそうな感じです。ナースの雪村さんがいつもクールで冷めたタイプの性格なんですが、冴島さんが倒れたときにクールで冷静さを失っていたので今後思いやりのあるナースになりのかなと思います。名取先生はプライドが高いですが、そのプライドを捨ててレスキュー隊・倉田さんに謝罪していたのでよかったなと思いました。